しめじの冷凍保存は生冷凍と加熱冷凍のどっちが良いか試した結果!

しめじの冷凍保存野菜の保存方法

スーパーなどで売られているしめじは「ぶなしめじ」で、旨味成分のリジンは必須アミノ酸の一種ですし、ビタミンB2やビタミンDも豊富なきのこです。

しめじは味に癖がなく、どんな料理にも合うので使いやすいですから、常備している家庭も多いのではないでしょうか。。

一年中いつでもスーパーなどで売られていますし、値段も高くないので大量に買いだめすることはないかもしれませんね。

でも、買い物は週に1~2回とかだと、食材は適切に保存しないと傷んでしまいます。

しめじは洗わずに使える食材なので、できるだけ新鮮な状態でサッと使えるのは、冷凍保存なんです。

そこで、今回はしめじの冷凍保存について、生のまま冷凍と加熱してから冷凍の2通りで、どちらが良いか、冷凍しめじを調理して比べてみた結果を紹介します。

スポンサーリンク
  

冷凍しめじを調理してみた

生のまま冷凍保存したしめじと、レンジで1分程度加熱してから冷凍保存したしめじを調理して比べてみました。

調理と言っても、しめじそのものの味や食感、風味などが分かりやすいように、味付けなしでフライパンで炒めただけです。

冷凍しめじは解凍せずに凍ったまま調理します。

冷凍しめじ調理

加熱してから冷凍したしめじは、加熱することで出た水分が凍るのでバラしたしめじがくっついて凍っています。

ガチガチに凍ってる感じですけど、解凍できたら食べられる状態になります。

生のまま冷凍したしめじは、1本ずつバラバラになるので解凍できるのが早いです。解凍できてから少し炒めて火を通しました。

冷凍前に火を通すか、解凍してから火を通すかということで、フライパンで炒めたときの調理時間はどちらも2分強でした。

生冷凍と加熱冷凍のしめじを食べ比べてみた

生冷凍と加熱冷凍のしめじをフライパンで炒めるだけの調理で食べ比べてみました。

冷凍しめじの調理

香りの違いは?

香りは生のまま冷凍したしめじの方が、少し強い感じがしました。

見た目の違いは?

見た目は生のまま冷凍したしめじの方が良いですね。

加熱冷凍のしめじはクタッとなってしまいましたが、生のまま冷凍したしめじはプリッとしてます。

味の違いは?

味はあまり変わらないです。

食感の違いは?

食感は生のまま冷凍したしめじの方がプリッとした歯応えがあって良かったです。

冷凍すると繊維が壊れるので火が通りやすくなりますから、調理するときに加熱しすぎると、冷凍方法に関わらずしめじのプリッとした食感は損なわれます。

冷凍しめじは加熱しすぎないようにしないといけないですね。

風味の違いは?

味はあまり変わらなかったですが、香りの強さや食感の良さなどもあり、風味も生のまま冷凍したしめじの方が良いですね。

冷凍しめじと言われなければ、生しめじと区別つかないくらいです。

スポンサーリンク

しめじは生のまま冷凍するのがおすすめ

生のまま冷凍したしめじとレンジで1分間ほど加熱してから冷凍したしめじを調理して食べ比べてみた結果、生のまま冷凍したしめじに軍配が上がりました。

レンジで加熱するだけとはいえ、ひと手間かかりますし加熱の加減しだいでは失敗することもあります。

その点、生のまま冷凍する方が簡単ですし、失敗しにくいですね。

ということで、しめじを生のまま冷凍する方法をポイントを押さえながら紹介します。

しめじを生冷凍するときのポイント

  • 洗わない
  • ぶなしめじ

    しめじはクリーンな環境で栽培されているので、買ってきたまま洗わずに調理するのが基本です。

    洗うと風味が損なわれるので、気になる汚れがあればキッチンペーパーで拭き取ります。

    どうしても洗いたい場合は、水気を切ってから冷凍しないと、洗ったときの水分が凍ってしまうのでしめじがくっついてしまいバラしにくくなります。

  • 石づきを取る
  • しめじ冷凍保存

    しめじは石づきが付いた状態で売られているので、切り落とします。

  • 房を分けてバラバラにする
  • しめじ冷凍保存

    凍ってしまうとバラしにくくなるので、1本ずつに手で房を分けてバラバラにしておきます。

  • 保存袋に入れて冷凍する
  • しめじ冷凍保存

    バラバラにしたしめじを保存袋に入れて、できるだけ空気を抜いて冷凍します。

    洗わずに生のまま冷凍したしめじは、簡単にバラせるので必要な分だけ取り出して使えます。

冷凍しめじの保存期間は?

冷凍しめじの保存期間は、約1ヶ月です。

1ヶ月以上経っていても食べられないことはないですが、1ヶ月以内に食べた方が美味しくいただけるでしょう。

いつ冷凍したのか分かるように、保存袋に日付を入れて、冷凍室の管理をしましょう。

まとめ

しめじは味に癖がなく、どんな料理にも合いますし、ビタミンB2やビタミンD、必須アミノ酸リジンなどの栄養素も摂取できる食材です。

そんなしめじを新鮮な状態でサッと使うために、おすすめの保存方法は冷凍保存です。

しめじは生のまま冷凍しても加熱してから冷凍してもOKなんですが、実際にどっちが良いのか調理して食べ比べてみたところ、生のまま冷凍した方が良いという結果になりました。

冷凍する手間も生のままの方が簡単で失敗しにくいです。

冷凍しめじは1ヶ月くらい保存できますから、すぐに使わないしめじは、できるだけ新鮮なうちに生のまま冷凍保存するのがおすすめです。

▼関連記事▼
きのこ保存方法!栄養価と旨みをアップして調理も簡単になる方法

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました